海外メジャー業者のスプレッドの一部をキャッシュバック。FXDD、FxPro、Fxopen、Pepperstoneなどにも対応。マニュアルを配布しています。配布先はこちら
インヴァスト証券
月リターン100%を超すシステムが無料で使えます

2011年09月23日

【FXバックドラフト】 相性の良い通貨ペアと時間足

システムトレード派が増えてきました!システムトレード派のランキングに参加しています。
有益な情報を発信されているサイトもたくさんあります。
クリックにて応援いただけるとうれしいです。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
人気ブログランキングへ
--------------------
FXバックドラフトを使い始めて3日が経過しました。
一番驚いたのは、エントリータイミングが抜群にいいことです。
ほぼ完ぺきにトレンドの変わり目を抑えています。
参考までに私の実施したリアルトレードの結果を掲載しておきます。
10万円の資金で、1万通貨での売買です(レバレッジ25倍でも問題ありません。)

↓クリックすると大きくなります。
無題.png

FXバックドラフトはマルチ通貨ペア、マルチ時間足をうたっていますが、ここまで使ってみた感想としましては、

(1)変動の大きい通貨ペア
変動が小さい通貨ペアですと、スプレッド負けをしてしまいます。
GBP関連ペア、特にGBPUSDが今の相場では良さそうです。

(2)長めの時間足
30Mよりも長い時間足が良さそうです。
私は、30Mや1Hを使っています。
5Mや15Mだとスプレッド負けを起こすことがあります。

(3)TPは可能であればシグナルに従う
注文時に固定のTPを入力する方法も紹介されていますが、可能であればシグナルに従って利確した方がより利益が伸ばせそうです。
シグナルは、現在特権として配布されている、インディケーターを利用するとわかりやすいです。

(4)ロンドン時間以降のトレード
アジア時間よりもロンドン時間でのトレードが推奨されています。
これはぜひとも守るべきだと思いました。

繰り返しになりますが、シグナルのタイミングが絶妙であることと、再描写されない点、そして期間限定の特権であるインディケータは本当に使いやすく信用できると思いました。






2011年09月21日

【FXバックドラフト】 再描写なし、利確も明確なシグナルインディケーター

システムトレード派が増えてきました!システムトレード派のランキングに参加しています。
有益な情報を発信されているサイトもたくさんあります。
クリックにて応援いただけるとうれしいです。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
人気ブログランキングへ
--------------------
Infocartの売上ランキングで1位を維持しているFXバックドラフトですが、以前から気になっておりようやく導入に踏み切りました。




(1)商材の内容
MT4に対応したインディケーターに加えて、現在の購入者に限り以下の特権が付属します。

セミオートマティック化スクリプト
エグジットライン描画インディケーター 2種類

セミオートマティック化スクリプトは、クリックするだけで、注文が入りSL、TPも設定してくれる優れものです。
また、エグジットライン描画インディケーターは裁量トレードではエグジットが難しい傾向がありましたが、このインディケーターを使えば迷いません。

(2)最大の特徴は再描写なし
再描写とは、価格データの更新によって、過去の価格データが書き換えられてしまうことを意味します。
つまり、転倒したシグナルが急に消えたりしてしまう現象が起こってしまいます。
これだとうまくエントリーできません。
しかしながら、FXバックドラフトは再描写なしなので、いったんシグナルが転倒すれば、急に消えたりすることはありません。
これが最も評価できる点だと思います。

(3)実際に使ってみての感想
マルチ通貨ペア対応なので暇になることがありませんし、エントリーのタイミングは絶妙です。
また特権のイグジットインディケーターを使えばイグジットも迷わないと思います。
M5、M15、M30、H1に対応。どの通貨ペアにも対応するとしておりますが、個人的には長めの時間足を使う
ことをおすすめします。
M5だとスプレッド負けしてしまうことが多くなりそうです。
メジャー通貨ペアで、M30、H1を使って試しています。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。