海外メジャー業者のスプレッドの一部をキャッシュバック。FXDD、FxPro、Fxopen、Pepperstoneなどにも対応。マニュアルを配布しています。配布先はこちら
インヴァスト証券
月リターン100%を超すシステムが無料で使えます

2012年01月14日

【FinalCashBack】 メリット・デメリット ⇒久々に注目のキャッシュバック業者です

システムトレード派が増えてきました!システムトレード派のランキングに参加しています。
有益な情報を発信されているサイトもたくさんあります。
クリックにて応援いただけるとうれしいです。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
人気ブログランキングへ
FX
--------------------
最近キャッシュバック業者が乱立し、競争が激しくなってきました。
個人的にお勧めはやはりCashBackForexですが、FinalCashBackも面白いと思います。



メリット
(1)日本語完全対応
日本人にとって、日本語に対応しているのは非常にありがたいことかと思います。

(2)おまけが面白い
おまけとして、口座縛りのあるEA対策ツールを提供してくれます。
FinalCashBackにとっても、ユーザーにっても双方にメリットのあるいわゆるWin-Winの取り組みで面白いと思います。

(3)最高リベート保障
ほとんどのキャッシュバック業者がやってますが、ほとんどが内々に処理されます。
例えばCashBackForexの場合、他サイトがより良い条件を示してきた場合、個別にのみ対応してくれます。
キャプチャ.JPG
しかし、FinalCashBackは毎月調査し、リベートを改定するとしています。こそこそやらずにわかりやすくやってくれるのは、申請も不要でユーザーとしてはありがたい限りです。

デメリット
(1)実績がすくない
もしかしたら詐欺業者という可能性もゼロではありません。
そのあたりは慎重に対応が必要だと思います。

(2)最高リベートの取り扱い
毎月最高リベートを開示するとしていますが、逆にこれを逆手に取られる可能性があります。
FinalCashBackは常に最高のリベートを開示しても、例えばそのリンクをCashBackForexに送れば、CashBackForexは必ずそれ以上にリベートを個別に設定してきます。
つまり、最高リベートを"開示"してしまうために永遠に他社に勝てないというデメリットがあります。


メリット・デメリットいろいろありますが、数ある業者の中で、口座縛りに対する対抗策を講じている点は非常に面白いと思います。
今後もどんなサービスを提供してくれるのか、他社と差別化という点で個人的にFinalCashBackに着目しています。

↓とりあえず登録される方はこちらからお願いします。




posted by あほすけ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | FinalCashBack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

【FinalCashBack】 最高リベート率を売りにする日本語対応のキャッシュバック業者

システムトレード派が増えてきました!システムトレード派のランキングに参加しています。
有益な情報を発信されているサイトもたくさんあります。
クリックにて応援いただけるとうれしいです。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
人気ブログランキングへ
FX
--------------------
こんにちは。
最近、キャッシュバック業者(もしくはサービスを開始)が次々と設立されますが、どれもパッとするものはありませんでした。
しかしながら、↓こちらは、他社よりも高いリベート率を保証することを売りにしており、かつ日本語完全対応ということで取り上げてみることにしました。



まだまだ、対応業者は少ないですが、確かにリベート率は他社よりも良いようです(サイトに比較表があるので見てみてください)。
[CashBackForexとの比較]
FXDD => 0.72 pip (CashBackForexは0.70 pip)
Peppestone => 0.32 pip (CashBackFOrexは0.30 pip)

ただし、焦って乗り換える必要はないと思います。
比較対象として示した当サイトでも利用しているCashBackForexは、他社が自社よりも高いリベートを提供した場合は同じかそれ以上のリベートを提示するとしています。
そこで、早速「FinalCashBackという業者が、貴社よりも高いリベート率を提供してますよ」とCashBackForexに報告してみました。
どういった回答が得られるのか楽しみです。

支払い実績の点では、CashBacoForexの方が実績があり相当の顧客数を抱えており安心できると思いますし、対応業者も多いです。
また、すでに多くの方がCashBackForexを利用されており、乗り換えは面倒だと思います。
FinalCashBackを取り上げるブログが多くなっていますが、まずはCashBackForexの出方を見てみるのが良いかと思います。
続報が得られたら改めて報告します。

↓とりあえず登録される方はこちらからお願いします。




posted by あほすけ at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | FinalCashBack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。