海外メジャー業者のスプレッドの一部をキャッシュバック。FXDD、FxPro、Fxopen、Pepperstoneなどにも対応。マニュアルを配布しています。配布先はこちら
インヴァスト証券
月リターン100%を超すシステムが無料で使えます

2011年05月02日

【REO TERZZO】完全ディフォルト設定下での約半年間のフォワードテストは、+23.15%でした。ライブトレード化は悩ましいところです。。。

システムトレード派が増えてきました!システムトレード派のランキングに参加しています。
クリックにて応援いただけるとうれしいです。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
人気ブログランキングへ
--------------------
フォワードテスト開始から約半年になろうとしているREO-Terzzoですが、フォワードテストの使用していたFXDDのデモ口座が無効になってしまいフォワードテストは終了となりました。



約半年で、震災などのよる荒れ相場も難なく突破し、+23.15%のリターンでドローダウンはわずか8%程度と非常に優秀な成績を残しています。
ライブトレードに移行させたいところですが、マーチンゲール系のEAの比率が高くなってるので悩ましいところです。
5月に入りEAの入れ替えが活発になっており、落ち着いた頃ライブトレード化を検討したいと思います。
とりあえずは保留としておきます。
マーチンゲールタイプのEAをポートフォリオに組み込んでない方は、候補の一つとして十分期待できると思います。

↓購入はこちらから。


posted by あほすけ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 【EA】 REO Terzzo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

【REO TERZZO】2ヶ月間のフォワードテスト結果はきれいな右肩上がりを形成。当サイトではライブ移行はもうしばらく様子見。

システムトレード派が増えてきました!システムトレード派のランキングに参加しています。
クリックにて応援いただけるとうれしいです。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
人気ブログランキングへ
--------------------
REO-Terzzoのフォワードテスト開始から2ヶ月が経過しました。



ここまではきれいな右肩上がりの収益カーブを描いておりまずまずといえると思います。
強いて言うならリターンが少ないことくらいでしょうか?

Terzzoはマーチンゲール系のEAです。最初のポジションを持ってから計3回のナンピンを行います。

1回目:最初のポジション-50pips。ロット数は最初のロット数×2
2回目:最初のポジション-150pips。ロット数は最初のロット数×6
3回目:最初のポジション-450pips。ロット数は最初のロット数×18

5通貨ペアを用いて運用しておりますが、3回目のナンピンポジションに到達したのはEURUSDの計1回だけです。
またロット数の倍率が大きいので、ナンピンポジションを建ててからTPまでの幅が少なくてすむため危なげなく決算できているケースが多いように感じます。
ロット数の倍率とTPの幅はうまく設定されているように思いました。
通常であれば、ライブ移行を検討したいころなのですが、ポートフォリオに占めるマーチンゲールEAの割合が高くなっているのでもう少しフォワードテストを継続し、現在ライブトレード中のマーチンゲールEAのいずれかと入れ替える形でライブ移行させたいと思います。

posted by あほすけ at 16:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 【EA】 REO Terzzo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

【REO TERZZO】 フォワードテストを開始しての感想。

システムトレード派が増えてきました!システムトレード派のランキングに参加しています。
クリックにて応援いただけるとうれしいです。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
人気ブログランキングへ
--------------------
REO-Terzzoは逆張りで、以下の2つがメインのロジックとなっています。

(a)トレンド発生時には、トレーリングストップにより利幅を伸ばす。
(b)ポジション保有後、相場が思惑通りに動かなかった場合は、ナンピンにより相殺する。

といったものです。
まだフォワードテストを開始して、数日しかたっていませんが、気づいた点をメリット・デメリットという形でまとめてみます。

【メリット】
(1)すでにEURUSDで、トレンドを捕らえたケースがあり、トレーリングストップによりわずか4時間半で143pipもの利益を出しています。これは上記(a)の機能によるもので、システムがトレンドを捕らえたときは爆発的な利益が期待できると思われます。

(2)USDCHFで、思惑と反対に相場が動いてしまったケースがありました。一時、50pip程度の含み損を抱えることとなり、最終的に-31pipとなっています。
しかしながら、ナンピンポジションを建てたことにより、損失が相殺され結果的にはプラスマイナスゼロで終わりました。
ポジションを建てた方向と反対に相場が動き、-31pip位置での決算としたにも関わらず、収支ではプラスマイナスゼロにできる、これが(b)によるものです。

(3)前作、REO secondはトレンドフォロー型のEAで、REO Terzzoナンピンで含み損を抱えてしまう相場を逆に得意とし、お互いに弱点を補完できる関係にあります。
両者を同時稼働させることでリスクを限定する方法は非常に面白いと思います。
REO Secondは販売停止されていますが、Terzzo購入者限定で20000円で購入できます。

【デメリット】
(1)ナンピンをするということで、ナンピン方向に激しく相場が動いたときに口座破綻につながるリスクがあります。
この場合、どれくらいの変動にまで耐えられるのか、これは実運用前に十分に検証しておく必要があります。

(2)次に、デメリットではありませんが、販売サイトで公開しているLive Statementの注意点です。
小さく注意書きがしてありますが、運用ロット数は実際の奨励ロット数の約10倍で運用しています。
ゆえにリターンは大きくなっていますが、その分リスクも大きくなっていますので、同じ設定での運用をするととても危険です。
また、USDCADという奨励通貨ペア以外のもので運用している一方で、多数ある奨励通貨ペア全てを運用には取り入れていません。
このあたりの理由が明確になっていません。

【現時点でのまとめ】
ナンピン系のEAの多くは上記(b)と同じロジックのものが大半です。
このロジックを備えたナンピン系のEAの弱点として、1つ目のポジションでナンピンなく決算がされてしまった場合は、ポジション量も少ないために利益が限定されてしまいます。
結構もったいないなぁと思うこともしばしばありました。
それをトレーリングストップにより取れるだけ利益を狙うというロジックを組み込んだことは従来のナンピンタイプのEAにはない斬新なもので試す価値が十分にあるEAといえると思います。
ただし、実運用に当たっては自分自身で十分なフォワードテストを実施し、リスクとリターンを理解した上での運用をお勧めします。
当サイトではこれまで、販売サイトのStatementで公開されている通貨ペアに絞って運用してきましたが、次週からは奨励通貨ペア全てで運用していきたいと思います。



posted by あほすけ at 10:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 【EA】 REO Terzzo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

【REO TERZZO】 フォワードテストを始めます

システムトレード派が増えてきました!システムトレード派のランキングに参加しています。
クリックにて応援いただけるとうれしいです。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
人気ブログランキングへ
--------------------
最近、小さなナンピンをするEAの調子がいいです。
小さなナンピンとは、トレンド方向にポジションを持ったあと逆に動いてしまった場合、すぐに損切りするのではなく、2,3のナンピン、もしくは逆ポジションを持つことで、損失を相殺し戻ったところで決算するというものです。
好調のTrade Max 21やForex Crescendoなどがそれに相当すると思います。

さて、そんな折、同タイプのEAが発売されました。



販売サイトで公開しているライブステートメントによりますと、

[10月]
123回のトレードで2154.18pips

[11月]4日時点
21回のトレードで262.54pis

という非常に好調な成績を収めています。

[REO Terzzo]
<価格>:34,800円(11月7日より値上げ)
<ブローカーの指定>: 4XP、FXDD(口座の縛りは無し)
<通貨ペア>:EURUSD、USDCHF、USDJPY、USDCAD(30M)

最近の相場は幅の大きなレンジ相場を描いています。
このような相場ではスキャルピングEAは苦戦し、このような小さなナンピンをするタイプのEAが強いようです。
最近口座縛りの多いEAが多い中、日本のEAでこの価格、かつ口座縛りなしというのは非常に良心的だと思います。
オフィシャルサイトで公開しているライブステートメントも好調で、かつ期待できるロジックであることから早速購入しフォワードテストを始めてみました。


posted by あほすけ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 【EA】 REO Terzzo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。